近年、美容ブームが到来しており、脱毛にも気をつかう女性も増えてきました。

最近では、様々な箇所を処理をしてくれるエステサロンや美容外科が増えており、また男性用やニューハーフに対応してくれる所も増えてきました。
エステサロンや美容外科で脱毛をお願いする際に、忘れがちなのが、「うなじ」です。
うなじは、毎日着物を着る舞妓さんや芸妓さん、旅館の女将や毎日、ドレス着用をするキャバクラ嬢において、女性らしさを増す大事な箇所です。

また、夏はキャミソールや浴衣ですし、冬は成人式での振り袖、卒業シーズンには袴着と意外にも私達日本人は知らず知らず首筋を見せる事が多いのです。

うなじの処理は自分でも出来る?

うなじの自己処理の方法には、脱毛ワックスやクリーム、剃刀やシェーピング、家庭用脱毛器などがあります。
しかし、うなじは背後になるので、自己処理だと失敗しやすく、誰かにお願いしなければなりません。
また、剃刀などだと肌を傷めたりし、余計に首元の見栄えがが悪くなります。

自己処理以外の方法は?

まず、自己処理以外の方法としてあげられるのが、理容店です。
最近では、レディスプランにて対応してくれる事もあり、お店によっては顔の産毛も一緒にしてくれる所もあります。

理容店以外では、エステサロンや美容外科などがあります。

しかし、エステサロンや美容外科は、うなじを背中と一緒に行う場合と、別料金で対応してくれる所があるようです。

エステサロンや美容外科でうなじ処理を行う場合は、うなじだけでなく、別の脱毛処理も一緒に行う方がお得になる事が多いようです。

うなじの理想の形とは?

うなじの処理の形は、自分では判りにくいのですが、自然な雰囲気のアーチ型やW型が理想です。
W型は舞妓さんや芸妓さんも行っている型で、日本人において理想的な形であり、女性らしさも増す型と言えます。

また、形はそのままでしっかり産毛をなくしてツルツルな状態にする事もあるようです。
オススメはW型ですが、理容店やエステサロン、美容外科によって得意な形は異なりますし、十人十色髪質や首筋の形も異なりますから、カウンセリング時に相談するのがいいかもしれません。

うなじ処理は大事!

うなじ処理は、以上の事においても大事な事と言えますが、近年では、「うなじ萌え」という言葉があるように、うなじが綺麗な女性が好きな男性も増えているようです。
髪の毛をアップにする方は、うなじ処理も重要な美容の1つと言えそうです。