うなじの処理は何故行う?

着物の種類には沢山有りますが、夏には、浴衣ですし、冬には成人式です。
また、近年では着物女子も増え、着物を着る機会が増えてきました。
着物を着る際に、気をつけなければならないのが、うなじです。

うなじは、男子の中で「うなじフェチ」がいるほど、大事な箇所です。
うなじが綺麗だと、髪の毛をトップにした際に、女らしさが増しますから、着物だけでなく、洋服でも魅力的な女性に見えます。

綺麗に見せたいうなじ!自己処理方法は?

自己処理は、慣れないと危険ですが、手軽に出来るので、オススメの方法です。
方法には、主に以下のような方法があります。

カミソリ

カミソリは刀ですので、下手をすると皮膚を痛めやすく、立てると流血してしまうので、あまりオススメ出来ません。
もし、この方法ならば、自分1人でするならば、身内にお願いするのが1番安全です。
また、うなじは敏感な箇所ですから、肌に付けるクリームも肌に優しい物がいいと思います。

シェイバー

フェリエなど、電動の剃刀の事です。シェイバーはクリームを付けなくても、処理が可能ですし、時間と場所を選ばないので、オススメの方法です。
しかし、剃刀ほど危険ではないですが、鏡を使ってやり辛い場合は、身内にお願いする事をオススメします。

除毛クリームや除毛ワックス

除毛クリームは、毛を溶かして無駄毛を無くす方法で、敏感な箇所である首裏には、オススメできません。
また、除毛ワックスは、除毛クリームより肌に優しい物が多いですが、除毛クリームも除毛ワックスも塗る箇所を間違えてしまうと、大箇所が処理されてしまうので、注意が必要です。

家庭用脱毛器

最近、数万円まで値段が抑えられた家庭用脱毛器ですが、上達すれば、自己処理が1番簡単に出来ます。
しかし、他の処理方法に比べて高額なのが、難点です。

自己処理以外の方法は?

自己処理は、1番気軽に出来る方法ですが、オススメなのが、理容店にお願いする方法です。
うなじの処理は美容院で髪を着る際にもシェーバーなどで、処理は出来ますが、理容店では、専用のクリームを用いるので、より綺麗に処理ができます。

また、うなじの処理だけでなく、一緒に顔の産毛の処理も行なってくれたり、レディスプランがある理容店もありますから、一度御利用になってみてはどうでしょうか。

また、最近では美容外科やエステサロンでも、うなじの処理は行なって頂けるので、そちらもオススメです。